ホーム>お知らせ>◇川島本町平屋◇リノベーション現場日記
お知らせ

◇川島本町平屋◇リノベーション現場日記

2020629151113.png

202010301371.jpg

今回のリノベーションは春日町にある築40年の中古住宅です。

すでにお施主様が購入済で7月よりリノベーション着工・12月完成予定です。

2階建てを平屋に。間取り変更、耐震工事も。

リノベーションとはどんな工事をしているのか、現場からお伝えします。

 

2020791546.png20207915417.png2020728143451.png20208209056.png20208209115.png

20208209141.png202072814356.png20208209156.png202052172811.png202052172822.png

202010301206.png見たい項目をクリックしてください。

2020629151210.png

20207915810.png

 

【2階解体工事】2階建てを平屋に。2階部分を撤去しこの後新たに屋根を施工するために、屋根を支える小屋組(こやぐみ)を新設します。

2020114132723.jpg

解体工事 解体中→

2020114132735.jpg

解体工事 解体中

2020114132753.jpg

解体工事 解体中

202011413285.jpg

解体工事 解体中

【天井・床解体工事】天井と床を解体し骨組みまで戻し、天井・床下と外壁内側へ断熱材を施工します。家の内部全体を断熱材で囲むイメージです。

 

2020114132818.jpg

解体工事 解体中

2020114132831.jpg

解体工事 解体中

2020114132845.jpg

解体工事 解体中

2020114132855.jpg

解体工事 解体中

2020114132654.JPG

解体工事 完了→

202011413295.JPG

解体工事 完了

 

【スケルトン(骨組み)】内壁も撤去し、梁・柱・土台・基礎を残し骨組みの状態まで戻します。ここまで戻すのがリノベーションの特徴であり、リフォームとの違いの一つです。これらの解体工事により、①住宅の基礎となる耐震性向上・断熱性向上の効果を最大限に高めることができ②間取りの変更も可能となります。

 

202072814362.png

2020728141658.png

2階部分を撤去し、スケルトンにした状態から、屋根の下地、小屋組を新設します。屋根の形、三角形が見えてきました。

 

 

202011413254.JPG

小屋組 →

2020114132517.JPG

小屋組

2020114132527.JPG

小屋組 →

2020114132538.JPG

小屋組 

2020114132550.JPG

小屋組 

202011413261.JPG

小屋組 

2020114132611.JPG

小屋組 

2020114132622.JPG

小屋組 

202072814362.png


20208209342.png

家の外から基礎の下(土の中)をくぐって床下へ侵入するシロアリは、家の構造部分となる木部を傷め、その結果耐力を低下させます。
家にとって重要な構造部分である基礎と土台も処理します。また、床下の大部分を占める土間部分も同様に処理します。

 

20208209852.JPG

土壌処理

202082091110.JPG

土壌処理

202082091122.JPG

土壌処理

202082091134.JPG

土壌処理

202082091147.JPG

木部防蟻処理

202082091158.JPG

木部防蟻処理

万が一にも床下へ進入したシロアリは柱の中をつたって上がります。
柱も同様に処理します。
柱と床下の防蟻処理により、シロアリ被害を防ぎ構造部分の耐力を維持し、家を長持ちさせます。

202082091210.JPG

木部防蟻処理

202082091221.JPG

木部防蟻処理

202072814362.png


20208209412.png

 

【基礎工事】間取り変更にともなう、また耐震性能向上に必要な箇所に、建物を支える基礎を補強します。

202082091718.JPG

新規基礎工事→

202082091733.jpg

新規基礎工事

【土台工事】補強した基礎の立ち上がり部分の上には、柱から伝わる建物の荷重を基礎に伝える、土台を施工します。

202082091744.JPG

新規土台設置

20208209187.JPG

新規柱設置

202082091823.JPG

柱脚金物取付

202082091836.JPG

柱頭金物取付

【筋交い(すじかい)による耐震補強】耐震診断・耐震補強計画に従い、筋交いを施工します。この筋交いは、建物に加わる横からの力(地震による力)に抵抗して建物の構造を安定させます。

 

202082091850.JPG

筋交(すじかい)

20208209194.JPG

筋交(すじかい)

202082091916.JPG

筋交(すじかい)

202082091931.JPG

筋交(すじかい)

【柱と筋交いを結合】筋交いは上の画像のように、柱と柱の頭と脚に斜めに取り付けます。横からの揺れに対する「つっかえ棒」の役割です。つっかえ棒が外れないように、金物でしっかり補強します。

 

202072814362.png


20208209444.png

 

【サッシ・窓設置】窓はペアガラス(2枚)でLow-E仕様。窓枠は外部がアルミ、室内は樹脂で色違いを採用。暑さ・寒さの原因の70%は窓からの熱の出入り。断熱性と、外観と室内の意匠性も考えた選択です。

 

202082092033.JPG

窓下地工事

202082092432.JPG

窓下地工事

202082092515.JPG

窓下地

202082092526.JPG

窓枠取付

202082092538.JPG

窓枠取付

202082092549.JPG

サッシ吊込

202072814362.png

2020728141737.png

〈屋根〉

【野地板(のじいた)施工】屋根の下地材となる野地板を施工します。

 

20209317227.JPG

屋根下地(野地板)

20209317238.JPG

屋根下地(野地板)

20209317251.JPG

屋根下地(野地板)

2020931733.JPG

屋根下地(野地板)

 

【防水シート施工】野地板の上に防水シート(ルーフィング)を施工します。

 

20209317337.JPG

屋根下地(ルーフィング)

20209317347.JPG

屋根下地(ルーフィング)

2020931743.JPG

屋根下地(ルーフィング)

20209317414.JPG

屋根下地(ルーフィング)

【屋根仕上げ】防水シートの上に仕上げ材を施工します。今回はガルバリウム鋼板を採用。瓦より軽い(耐震性にプラス効果)、耐食性はステンレスにも劣らない、デザイン性が高いなどメリットが多く、瓦に比べ価格が安いのも特徴です。

 

202081911499.JPG

屋根施工

2020819114923.JPG

屋根施工

2020819114938.JPG

屋根施工

2020819114950.JPG

屋根施工

202081911502.JPG

屋根施工

2020819115015.JPG

屋根施工

2020819115027.JPG

屋根施工

2020819115038.JPG

屋根施工

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈外壁〉

202092131325.JPG

透湿防水シート

202092133554.JPG

サイディング下地

202092133636.JPG

軒天施工前

202092133648.JPG

軒天施工後

202092133717.JPG

破風施工前

202092133733.JPG

破風施工後

202092133746.JPG

サイディング施工

202092141039.JPG

サイディング施工

202092141052.JPG

サイディング下地

20209214114.JPG

サイディング施工

 

202072814362.png


20208209510.png

〈床断熱〉

基礎・土台の上に、床の下地材となる大引きと根太を施工し、根太と根太の間に断熱材を敷き詰めます。この工事により床下と室内の熱移動を低減し、室内の断熱性を高めます。

 

202082010272.JPG

大引き施工→

2020820102714.JPG

床束設置

2020820102726.JPG

根太施工→

2020820102741.JPG

床断熱

2020820102754.JPG

床断熱

202082010284.JPG

床断熱

〈天井断熱〉

【野縁(のぶち)施工】天井板を貼るため、野縁と呼ばれる棒状の下地を施工します。

202093165812.JPG

天井下地

202093165824.JPG

天井下地

【断熱材施工】野縁の上へ断熱材を施工します。この工事により屋根裏と室内の熱移動を低減し、室内の断熱性を高めます。

 

202093165836.JPG

天井断熱材

202093165852.JPG

天井断熱材

 

〈壁断熱〉

後工程の断熱材や仕上げ材を固定するために、下地材を施工し、下地材の上から断熱材を固定します。これで床・窓・天井・壁の断熱工事が完成しました。屋内の四方を断熱材で包んだ状態です。夏は外部からの熱の進入、冬は室内からの熱損失を低減。快適空間の実現と、冷暖房費の削減にもつながります。

202093165953.JPG

壁断熱

2020931704.JPG

壁断熱

202072814362.png


202052111223.png

202093152321.JPG

内装工事

202093152332.JPG

内装工事

 

202093152344.JPG

内装工事

202093152357.JPG

内装工事

2020101315123.JPG

内装工事

20201013151214.JPG

内装工事

 
20201013151226.JPG

内装工事

20201013151238.JPG

内装工事

202052111531.png

2階建てを平屋へ減築したリノベ住宅が完成しました。

雨漏りの心配もなくなり、耐震性も向上しました。

LDKを南へ移す間取り変更、新築の耐震基準に合わせた耐震補強工事を行いました。

天井・壁・床・窓を施工し、断熱性能も向上しました♪

 

 

202072814362.png

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mino-style.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/381

ページ上部へ