ホーム>お知らせ>リノベーション現場日記
お知らせ

リノベーション現場日記

2020123104730.png
2020123111114.png
20205211535.png20205211544.png2020521164.png20205211613.png20205211644.png20205211655.png2020521173.png20205211711.png20205211922.png20205211942.png20205211954.png

2020123114524.png

20202415591.png

202012484859.png


【外部の解体工事について】駐車スペースがないため、手前のブロック塀を撤去し、右手前の洋室を減築します。
奥に残した和室は暮らし方に合わせて新たに洋室へと変更し、新たに外壁と窓を施工します。

202012485634.JPG

外部の解体工事前 →

202012493925.JPG

外塀・ブロックの解体工事 

202024115134.JPG

南側解体 

202024113118.JPG

塀・ブロック・南側解体工事完了 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


【内部の解体工事について】内壁を撤去し、梁・柱・土台・基礎を残し骨組みの状態まで戻します。

これらの解体工事により、住宅の基礎となる耐震性向上・断熱性向上の効果を最大限に高め間取りの変更も可能となります。

リノベーションの特徴であり、リフォームとの違いの一つです。

 

20202417840.JPG

内部のスケルトン工事前 →

202024114225.JPG

天井・壁・床の解体工事 →

 
202024114242.JPG

天井・壁・床の解体工事 →

202024114723.JPG

天井・壁・床の解体工事完了

20202191038.png

20202416434.png

 

20202417247.JPG

基礎墨出し →

2020241732.JPG

基礎設置前

20202417320.JPG

基礎ベース型枠 →

20202417340.JPG

基礎ベース型枠

20202417355.JPG

基礎ベースコンクリート打設 →

20202417411.JPG

基礎ベースコンクリート打設

20202417425.JPG

基礎立ち上がり型枠 →

20202417612.JPG

基礎立ち上がりレベラー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

202024164815.JPG

梁補強 →

202024164846.jpg

梁補強

202024165133.JPG

柱脚金物取付 →

202024165149.JPG

柱頭金物取付

20202416525.JPG

新・旧梁を合板で張合わせ →

202024165222.JPG

金物取付


20202191038.png

20202411138.png

 

【防腐・防蟻について】家にとって重要な構造部分である基礎と土台・地盤を処理します。

家の外から基礎の下(土の中)をくぐって床下へ侵入するシロアリは、家の構造部分となる木部を傷め、その結果耐力を低下させます。

また、万が一にも床下へ進入したシロアリは柱の中をつたって上がるため柱も同様に処理しシロアリ被害を防ぎ構造部分の耐力を維持し、家を長持ちさせます。

202024135342.JPG

束石施工 →

20202413547.jpg

束石施工

202024153724.jpg

土壌処理 →

202024153740.JPG

土壌処理

20202415385.JPG

防湿シート貼り →

202024153821.JPG

防湿シート貼り

202024154126.JPG

砂利敷き →

202024154140.JPG

砂利敷き

202024135742.JPG

大引き施工中 →

20202413583.jpg

大引き施工中

202027102232.JPG

木部の防蟻処理 →

202027102248.JPG

木部の防蟻処理


【防湿シート・砂利敷きについて】また、長持ちする家、快適な家を考えるうえで、湿気は大敵です。

雨などで床下に侵入した水分の蒸発による湿気を、床下から内部へ侵入させないように防湿シートで覆います。

また、防湿シートの上に砂利を敷き詰め、砂利の重みで地盤とシートを密着させることで効果を向上させ、あわせてシートの劣化も防ぎます。

このレベルまでの防蟻・防湿処理はスケルトン状態まで戻すリノベーションにより可能となります。

20202191038.png

2020218104320.png


香川県推奨の低コスト工法を採用し、耐震等級3相当の耐震性能を実現します。

耐震診断の結果を踏まえ、耐震補強計画に沿って工事を行います。

①金物取付
②アルミアングル取り付け
③構造用合板取り付け

上記①~③について写真と共にご紹介します。

 


【①金物取付について】

地震の揺れにより結合部が抜け、家が倒壊することを防ぐため、柱と梁、柱と土台の四隅を金物で固定し補強します。

 

 

202021817170.JPG

コンパクトコーナー 

2020218171732.JPG

金物取付前 

 

202021817319.JPG

金物取付中 →

2020218171946.JPG

金物取付後


【②アルミアングル取付について】次の工程の構造用合板を取り付けるため、柱にアルミアングルを取り付けます。
壁面に対し両側の柱に施工します。

 

 

202021982538.JPG

アルミアングル

202021982552.JPG

アルミアングル 加工穴あけ →

 

20202198267.JPG

アルミアングル取付 

202021982622.JPG

アルミアングル取付後

 


【③構造用合板取り付けについて】構造用合板を、アルミアングルにビスで取り付けます。
耐震性能を確保するため、ビス止めの間隔や合板の厚さなど厳格な決まりがあります。
目指す耐震等級により、工事する壁の数が異なります。
今回のお宅は最高レベルの耐震等級3相当であるため、23か所となりました。

 

 

202021994723.JPG

構造用合板加工 →

202021994737.JPG

構造用合板加工

 

20202199485.JPG

構造用合板 (ビスピッチ10cm)

202021994818.JPG

構造用合板 取付中 →

 

202021994832.JPG

構造用合板 取付中 →

202021994849.JPG

構造用合板 取付中 →

 

20202199492.JPG

構造用合板 取付中 →

202021994914.JPG

構造用合板 取付完了

 

20202191038.png

202034141335.png


【窓断熱について】

直接外気に触れる屋根、壁、窓、床の中で、最も熱の出入りが多い場所は窓です。
全ての窓をアルミサッシから樹脂
複合サッシ+Low-Eペアガラスに取替える工事を行います。

 

 
20203415529.JPG

窓取替え施工前→

202035104711.JPG

窓撤去中→

202035104734.JPG

窓撤去中→

202035104748.JPG

窓撤去中

20203510480.JPG

窓撤去中→

202035104815.JPG

新規窓設置下地工事→

202035104829.JPG

新規窓設置下地工事→

202035104845.JPG

新規窓枠設置→

202035104913.JPG

新規窓枠設置→

202035104926.JPG

新規窓枠設置→

20202191038.png

202024115938.png


既存の瓦撤去を行います。
屋根瓦とその下に敷いてある土を撤去します。
土は、今で言う防水シート(ルーフィング)の役割です。

瓦・土の下にある既存の野地板をパネルで隈なく補強。
上から防水シートを敷き詰めます。

 

 

20202415657.JPG

屋根工事【施工前】 →

20202415719.JPG

屋根工事【施工前】

20202415746.JPG

屋根工事【屋根瓦撤去中】 →

2020241582.JPG

屋根工事【屋根瓦撤去中】

20202415825.JPG

屋根工事【屋根瓦撤去完了】 →

20202415857.JPG

屋根工事【屋根瓦撤去完了】

202024151336.JPG

屋根工事【野地板】 →

20202415145.JPG

屋根工事【野地板】

202024164013.JPG

屋根工事【ルーフィング】 →

202024151535.JPG

屋根工事【ルーフィング】

202032494235.JPG

屋根工事【ガルバ横葺施工 

202032494253.JPG

屋根工事【ガルバ横葺施工】

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2020324103611.JPG

外壁 透湿防水シート施工

2020324103625.JPG

外壁 アスファルトフェルト施工後

2020324103638.JPG

外壁 ラス網施工

2020324103650.JPG

外壁 外部左官下塗り中

202032410374.JPG

外壁 外部左官下塗り

202052153822.JPG

外壁 外部左官上塗り中

20205215397.JPG

外壁 外部左官上塗り後

202052154010.JPG

外壁塗装 下地

 

202052154223.JPG

外壁塗装 下地

202052154238.JPG

外壁塗装 下地

202052154327.JPG

外壁塗装 仕上施工

202052154342.JPG

外壁塗装 仕上施工

20202191038.png

2020212164110.png


【床断熱について】前工程の防蟻・防湿工事の後、床を支える部材である大引き・根太(ねだ)を施工します。

根太と根太の間にサイズに合わせて断裁した断熱材を敷き詰めます。

この工事により、床下からの熱の出入りを防ぎ、居住空間の断熱性能を向上させます。

2020212165938.JPG

床断熱施工前↓

202021217026.JPG

床断熱施工前↓

2020212165954.JPG

床断熱施工中↓

202021217042.JPG

床断熱施工中↓

20202121708.JPG

床断熱施工後

202021217055.JPG

床断熱施工後

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020324101441.JPG

壁断熱材(フェノバボード)

2020324101455.JPG

壁断熱施工

202032410159.JPG

壁断熱施工

2020324101529.JPG

壁断熱施工

2020324101547.JPG

壁断熱施工

2020324101559.JPG

壁断熱施工

 

2020324101634.JPG

壁断熱施工

2020324101649.JPG

壁断熱施工

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2020324101717.JPG

天井断熱施工

2020324101835.JPG

天井断熱施工

2020324101820.JPG

天井断熱施工

2020324101848.JPG

天井断熱施工

20202191038.png

202052111223.png

202052155326.JPG

床 フローリング

202052155356.JPG

床 フローリング

202052155442.JPG

床 フローリング

202052155549.JPG

天井 石膏ボード施工

20205215564.JPG

天井 石膏ボード施工

202052155625.JPG

壁 石膏ボード施工

202052155640.JPG

クロスパテ施工

202052155654.JPG

クロスパテ施工

20205215577.JPG

クロス施工

202052155720.JPG

クロス施工

20202191038.png

202052111531.png

202052111644.png

20202191038.png

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mino-style.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347

ページ上部へ