ホーム>業務案内>耐震診断・耐震工事

耐震診断・耐震工事

耐震診断・耐震工事

耐震工事

耐震工事

耐震診断によって耐震改修が必要と判断された場合は、早期に耐震工事を行うことをおすすめします。耐震改修の適切な実施が、建物の倒壊防止による人命の安全確保や、建物の損傷抑制による継続使用につながります。
地方自治体によって、耐震診断や耐震改修を行う際の補助金制度を設けています。
高松市では、耐震補強や改修をした場合に、それを要した費用の全額(90万円を限度)を補助されます。
実際に耐震診断等を実施する時には、こうした制度などのご説明もさせて貰っております。

2015113012249.jpg

耐震診断

耐震診断

昭和56年の建築基準法改正により、建物の耐震性能の基準が高められました。
それ以前の基準で建てられた建物は、現在も日本全国に数多くあり、それらの建物については、地震に備えて早期に耐震診断を実施し、必要な耐震改修を行うことが求められています。

耐震診断とは、現地調査と設計図書に基づき建物の構造性能を求め、建物の構造性能と大地震時に必要な耐震性能(目標性能)を比較して耐震補強の要否を判定することです。

建物を設計する際、地震に対して安全に設計することを「耐震設計」といい、「耐震設計」のもととなる基準を「耐震基準」といいます。今使われている耐震基準 は「新耐震設計基準」と呼ばれ、阪神・淡路大震災においても、この基準によって設計された建物は被害が少なかったといわれています。

したがって、耐震診断というのは、現行の「耐震基準」で設計されていない昭和56年(1981年)5月以前に建設された建物が、この「新耐震設計基準」と比べて、どこが弱いか、どこを補強すればよいかを調べるものです。
香川県では、市町と一緒に所有者の皆様が行われる耐震診断・耐震工事に要する費用の一部を助成しています。
所定の講習を受けた建築士又は構造設計一級建築士による、耐震診断を行った場合に、要した費用の10分の9(上限9万円)を補助されます。
※県の支援額も加算した額
※その他注意事項あり

最新施工事例

ページ上部へ